HOME > 契約時における倫理綱領
契約時における倫理綱領
 文芸社は、自費出版業界のリーディングカンパニーであることを自覚し、今後も業界の普及拡大をけん引してまいります。また、自費出版という文化を守ることを責務と認識し、自律的にガイドラインを設けております。この「契約時における倫理綱領」はお客様にご安心して出版していただけるよう掲げられたものです。ご一読くださいますようお願い申し上げます。
第1(倫理綱領の目的)
わたしたちは、公正な契約を締結するための指針として、この倫理綱領を制定しました。倫理綱領に則り、著者の立場に立って契約内容をわかりやすく説明し、疑問点には明快にお答えすることによって、トラブルゼロをめざします。
第2(法令遵守義務)
わたしたちは、契約にあたっては「消費者契約法」および「特定商取引法」などの関係法令を遵守します。また、著者の知的財産権については「著作権法」などの関係法令を、さらに著者の個人情報については「個人情報保護法」などの関係法令を遵守することを約束します。
第3(著者保護)
わたしたちは、契約の相手方である著者に対し、契約内容について疑問点が残らないように説明し、各種情報を提供するなど、著者の保護に努めます。
第4(禁止事項)
わたしたちは、著者との各種契約締結に際し、次に挙げる行為はしません。
1)著者の不利益を招く行為、またはその恐れのある行為
2)同業他社の業務内容を不当に誹謗・中傷する言動
3)契約後の編集・流通段階において実現不可能な内容を、あたかも実現可能であると説明すること
4)当該契約により刊行される書籍について、不透明な売れ行き予測をおこなうこと
第5(苦情処理指針)
わたしたちは、著者から寄せられる苦情に対しては、この倫理綱領に照らして最もふさわしい対応をこころがけます。
(2006年10月制定・2011年6月第1回改訂・2014年7月第2回改訂)
 弊社からのご案内やご説明におきまして、お気づきの点がございましたら、「お客様相談窓口」フリーダイヤル0120-93-5068(土日祝除く9:30〜18:30)までご一報の上、ご相談ください。