HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
プリント・オン・デマンド

南蛮文化の伝道師・フロイス野村が
コンペイトウのルーツを求めて旅に出た。
フロイス野村のコンペイトウ浪漫紀行(ペーパーバック版)
コンペイトウのルーツを求めて ポルトガル・種子島への旅
フロイス野村
(ふろいすのむら)

ペーパーバック版を購入
 希望小売価格
1,620円 (本体 1,500円)
 書籍タイプ
PODペーパーバック版
 ページ数
176
 発売日
2017/08/01
 ジャンル
地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (海外)
甘くて可愛らしいコンペイトウの背後には、宣教師と共に海を渡ってきた壮大な歴史がある。戦国時代、ポルトガルから伝わった南蛮菓子で、織田信長への献上品のひとつであったという。そんな歴史あるお菓子を世に広めるべく立ち上がった南蛮文化の伝道師・フロイス野村。大阪でコンペイトウメーカーの社長を務める著者による、コンペイトウのルーツを訪ねての旅を綴った紀行・エッセイ。
 著者プロフィール
本名:野村卓(のむらたく)
1948年、大阪府生まれ。
コンペイトウや干菓子などの砂糖菓子メーカー「大阪糖菓株式会社」代表取締役社長。
大阪人ならではのユニークな菓子の企画・開発・販売の「アルカナ株式会社」代表取締役社長。
お菓子作りを文化として広めるべく、2003年に「コンペイトウミュージアム」を開設。
自ら「コンペイトウ博士」・南蛮文化の伝道師「フロイス野村」として活躍し、テレビや新聞のニュースなどでも話題となる。ユニークでオリジナリティー溢れる技術と製品の開発を目指し、エネルギッシュに活躍中。
製菓衛生師、宅地建物取引主任者、公害防止管理者(四種)、販売士一級、銀行業務財務検定二級、管理業務主任者(高層住宅)など、多種多様な資格を取る。


 マスコミ情報
  2010年03月05日  「月刊製菓製パン 4月号」で紹介されました。
  2010年01月21日  「食品産業新聞」で紹介されました。
  2009年12月31日  「大阪日日新聞」で紹介されました。
  2009年12月15日  「菓子工業新聞」で紹介されました。
  2009年11月23日  「週刊製菓時報」で紹介されました。
【POD】ペーパーバック版を購入
プリント・オン・デマンド
POD(プリント・オン・デマンド)とは、お客様の注文に応じて書籍を1冊から印刷・製本し、ペーパーバック書籍として販売するサービスです。