HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
家族への溢れる思いを持つ一人の女性が、
自らの人生を短歌で振りかえった心温まる作品。
四季に寄せて
短歌で綴る自分史
吉村壽子
(よしむらひさこ)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,080円 (本体 1,000円)
 判型
四六上
 ページ数
112
 発刊日
2012/03/15
 ISBN
978-4-286-11527-6
 ジャンル
詩集・俳句・短歌 > 俳句・短歌 > 短歌
一人の女性が、自らの人生を短歌で振りかえった力作。戦中戦後の激動の時代を過ごした子供時代から、古希を迎える穏やかな今日まで、起伏に富んだ人生が刻まれている。「自転車の闇米の上に鎮座して淀川の関父と潜りぬ」「手の指輪われに与へてありがたうと姑逝きませり甚く切なし」など家族への溢れるような思いが、読む者の心に日だまりのような温かさをもたらせてくれる。
 著者プロフィール
1940年大阪府生まれ
1963年京都女子大学文学部英文学科卒業
1964年結婚後、宇都宮市に在住
栃木県立高校非常勤講師
大学受験ゼミナール講師など
2000年以降フリー
短歌歴5年


※この情報は、2012年3月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。