HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
プリント・オン・デマンド

小栗忠順と勝海舟の二人の幕臣の行動や思想を対比させ、
近代国家成立前夜の様相を描く。
“好敵手”小栗と勝 「国民」に脱皮したふたりの幕臣の確執(ペーパーバック版)

島遼作
(しまりょうさく)

ペーパーバック版を購入
 希望小売価格
2,376円 (本体 2,200円)
 書籍タイプ
PODペーパーバック版
 ページ数
288
 発売日
2017/07/01
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
小栗上野介忠順と勝海舟の二人の幕臣の行動や思想を対比させながら、近代国家成立前夜の様相を鮮烈に描いた歴史小説。本書は、横須賀造船所を建設し、日露戦争を勝利に導いた小栗忠順と、江戸城無血開城により徳川家の退幕の筋書きを描いた勝海舟。文字通り、明治の父が幕臣に二人いた。彼らは、「国民」という大観念の視点で確執を繰り返しつつ、「日本」を創造していった。
 著者プロフィール
本名:島添芳実(しまぞえよしみ)
昭和30年(1955)、福岡県に生まれる
九州大学法学部卒業後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入社
平成18年〜19年、親和銀行(長崎県佐世保市)に業務出向
その後、新宿区および港区でサラリーマン生活を継続中
埼玉県在住
社会保険労務士(平成20年10月東京都社会保険労務士会所属)
宅地建物取引主任者(平成23年3月登録)

■著書
『サラリーマン出張紀行〈東日本編〉』(文芸社、2009年3月)
サラリーマン出張紀行〈西日本編〉』(文芸社、2009年3月)
『サラリーマン休日紀行』(文芸社、2009年12月)
『サラリーマン「川の両岸」紀行』(文芸社、2011年8月)


※この情報は、2013年11月時点のものです。

【POD】ペーパーバック版を購入
プリント・オン・デマンド
POD(プリント・オン・デマンド)とは、お客様の注文に応じて書籍を1冊から印刷・製本し、ペーパーバック書籍として販売するサービスです。