HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
国家主義と民主主義の相克を腑分けする。
キーパーソンに焦点をあてながら論述する。
明治維新の功罪
民主主義の危機
藤井棟介
(ふじいとうすけ)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,512円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
272
 発刊日
2016/03/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-17110-4
 ジャンル
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)
明治維新への胎動/維新前夜/明治維新/明治の啓蒙思想家/明治憲法と日本の膨張/満州国と太平洋戦争/敗戦と戦後の歩み──坂本龍馬と船中八策、中央集権体制と在野の動き、中江兆民・植木枝盛・福沢諭吉の三大思想家、伊藤博文と帝国憲法、そして、岸信介の戦前・戦中・戦後の歩みに焦点を当てながら、国家主義と民主主義の二つの流れの源は、明治にあることを明らかにしていく。
 著者プロフィール
1935年兵庫県生まれ


※この情報は、2016年3月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。