HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
「た、たいへんだ!!!」
1人の少年が見た忘れられない光景、あの夏の記憶を描いた絵本。
ぼくが見た戦争
1945年夏
文:しまだゆきお/絵:秋元なおと
(しまだゆきお/あきもとなおと)


書籍を購入
 定価
1,188円 (本体 1,100円)
 判型
B5上
 ページ数
24
 発刊日
2016/08/15
 ISBN
978-4-286-17463-1
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
「駅がやられている!!!」「うわあ、たいへんだ!!!」ぼくは駅へ走りました。いっしょうけんめい走りました。東京都心から直線で約70km離れた埼玉県北西部の内陸町で暮らしていた少年。こんな田舎の町にも米軍のB-29が飛んできていた1945年の夏。空襲警報のサイレンが鳴り、ぼうくうごうに避難する日々。1人の少年が見た忘れられない光景、あの夏の記憶を描いた絵本。
 著者プロフィール
●しまだゆきお/文
1939年生まれ。千葉市在住。大手電機メーカーOB。
デザイン・機械設計事務所主宰。
現住マンションの自主管理36年の経験を基にした「マンション管理について」や、童話作品など次回作を執筆中。

■資格
ビル管理関係
第二種電気工事士
二級ボイラー技士
高圧ガス製造保安責任者(第三種冷凍機械)

その他
一級小型船舶操縦士
簿記2級、他。


●秋元なおと(あきもとなおと)/絵
1961年生まれ。
鹿児島県出身。
大阪府在住。
1990年代にマンガ季刊誌『コミックFantasy』(偕成社)にて「カカ島区博物誌」連載。
2002年『2100年未来の街への旅』(学研)にマンガ掲載。
2013年『満天の星の歌』(文芸社)、2014年『夏至の夜に』(文芸社)、『トキのやくそく』(文芸社)、『みき・みく・みらい』(文芸社)、2015年『馬糞弁当』(文芸社)のイラスト担当。


※この情報は、2016年8月時点のものです。

 マスコミ情報
  2017年07月05日  「広報みどり vol.136」で紹介されました。
  2016年11月15日  「マイタウンたにがわ 第619号」で紹介されました。
書籍を購入