HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
この物語で、検視の世界を覗いてみてください。
決して他人事ではありません。
一期一会 伊達の警察医日記

板野聡
(いたのさとし)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
196
 発刊日
2016/11/15
 ISBN
978-4-286-17643-7
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
テレビドラマでよく目にする事件現場での鑑識さんの姿。実際には、地味で待ったなしのきつい仕事です。県警から嘱託された警察医として、そうした警察官と接しながら、彼らの活躍に感謝することになっています。併せて、その多くが、初めてお会いした時が最期の検死という辛い現実から、お亡くなりになった方の生きていた時を想い、何かを残したいと思って書き起こしたのが本書です。
 著者プロフィール
1953年生まれ、倉敷市出身。
1979年大阪医科大学卒業後、折田薫三先生に師事して岡山大学第一外科へ入局。
以来、消化器外科を中心に胃腸科・肛門科として研鑽を積み、地に足の着いた医療を目指す。
現在、名張市寺田病院院長。
日本外科学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本大腸肛門病学会指導医
三重県警察医ほか

■著書
星になった少女』(2016年、文芸社)


※この情報は、2016年11月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。