HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
南沙諸島海域で駆逐艦が撃沈された米軍は、中国に宣戦布告。
日中米の海空戦勃発か!
【文庫】 新編 日本中国戦争 怒濤の世紀 第七部 米中激突

森詠
(もりえい)


書籍を購入
 定価
972円 (本体 900円)
 判型
A6並
 ページ数
388
 発刊日
2016/06/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-17712-0
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > サスペンス
安保理が国連PKFの台湾派遣を決定し、大きく事態が動き出す。日本は、台湾内戦が日本の存亡を左右しかねない危機と判断し、国連PKFへの自衛隊参加を検討。その最中、南シナ海南沙諸島海域を哨戒中のアメリカ海軍駆逐艦が中国軍からの対艦ミサイル攻撃を受けて撃沈された。激怒したアメリカ政府は、ついに対中軍事対決を決意。日本は戦乱の渦に巻き込まれていくことに……!?
 著者プロフィール
作家・戦略問題研究家。
東京外国語大学(国際専修課程)卒。
ジャーナリストとして、中東アラブ諸国、西アジア、中国、東南アジア、アフリカ、中南米など各地を巡り、パレスチナ戦争、レバノン内戦、イランイスラム革命、イランイラク戦争、湾岸戦争などを取材。
主なノンフィクション作品に『黒の機関』『資源戦略』『石油帝国の陰謀』『中東の挑戦』など。
小説作品は『日本封鎖』『燃える波濤』(日本冒険小説協会大賞)『日本朝鮮戦争』『新・日本中国戦争』『イスラム大戦』などの冒険小説や近未来シミュレーション小説がある。


※本書は、1995年7月より学習研究社から刊行された『新・日本中国戦争』をもとに文庫化にあたり、大幅に改稿し、あらたに新編としてつくりなおしました。

※この情報は、2016年6月時点のものです。

 マスコミ情報
  2016年08月02日  「日刊両毛新聞」で紹介されました。
書籍を購入