HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
戦争という動乱の時代を生きた一人の女と
三人の男の生き様から考える日本の未来とは──。
海鳴りの詩
愛と哀しみの日々に生きて
村城正
(むらきただし)


書籍を購入
 定価
1,728円 (本体 1,600円)
 判型
四六上
 ページ数
332
 発刊日
2016/11/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-17774-8
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
「戦争で大切な家族や友人を失った人たちの悲しみや心の傷は、何年たっても癒されることがない」(本文より)。それでもこの国を再び戦争をする国にしようというのか! 始まりは突然の戦友からの電話だった……。たった3年9ヶ月の間で人々に負わせた癒えない傷。動乱の時代を生きた一人の女と三人の男、それぞれの生き様から考える日本の未来とは──。
 著者プロフィール
1950年、京都府生まれ。宇都宮大学卒。
社会福祉施設(奈良県)に勤務。
地域福祉の向上をめざすオピニオンリーダーとして活躍。
小説を書くために57歳で大阪文学学校の門をたたく。
仕事のあと、通信制、夜間部に通いながら小説を書き始める。
栃木県民生協常務理事、生協連合会北関東協同センター専務理事、株式会社CWS代表取締役、市民生協ならコープ常任理事などを歴任。
現在、社会福祉法人協同福祉会理事長。
ちっちゃいもん倶楽部代表
坂本冬美FC会員
日本民主主義文学会準会員

■著書
『協同センターの現状と到達点』
『どうする!高齢社会日本』


※この情報は、2016年11月時点のものです。

書籍を購入