HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
宮島「大仏原」から消えた丈六仏〈厳嶋大仏〉の行方を求め、
秘められた謎の歴史を繙く。
随筆古文書紀行 まぼろしの厳嶋大仏

山田道信
(やまだみちのぶ)


書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
188
 発刊日
2017/05/15
 ISBN
978-4-286-18284-1
 ジャンル
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)
『厳嶋道芝記』など古文書に記されていたにもかかわらず、宮島「大仏原」から消えた丈六仏〈厳嶋大仏〉の行方を求め、秘められた謎の歴史を繙く。その仏は海を渡った──。「台座や光背はなく、像の所々に金箔が残っている。膝から下の部分の損傷が特に激しく、破却された名残かも。往時は台座や光背もあり、全身金色に輝く、素晴らしい黄金仏であったと想像される」(本文より)。
 著者プロフィール
福井県生まれ、広島市在住。
京都大学経済学部卒。
民間会社を定年退職。
生涯学習一級インストラクター(古文書)。


※この情報は、2017年5月時点のものです。

書籍を購入