HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
インド、東南アジアでボランティアに従事し
“生きる意味”を問い続けた一年間の記録。
愛してるって、どう言うの?
生きる意味を探す旅の途中で
高遠菜穂子
(たかとおなほこ)


書籍を購入
 定価
1,080円 (本体 1,000円)
 判型
四六上
 ページ数
300
 発刊日
2002/07/15
 増刷情報
5刷
 ISBN
4-8355-4074-3
 ジャンル
地理・紀行 > 紀行 > 紀行 (海外)
グレていた中学・高校時代を経て、大学でふとしたことからボランティアに目覚めた 著者は「30歳を迎えた2000年。これからマザーテレサのハウスに行って、ボランティアに専念する。きっと私は戸惑うだろう。でも、一瞬の閃きを信じたいと思う。私の中の可能性がそこにあると信じたい」──との想いを抱えて本格的に活動を開始する。本書はインド、ネパール、タイ、カンボジアを訪ねた著者が、現地でのボランティア活動を伝えるとともに、日本では想像もつかないような生活環境の中で“生きる意味”を問い続けた、感動の一冊!
著者HP
 著者プロフィール
1970(昭和45)年1月14日生まれ、北海道千歳市出身。麗澤大学外国語学部英語学科卒。大学卒業後、東京で1年間OL生活を送る。退職後、再渡米して田尻成芳氏のもとで“どう生きるか”を考えまくる。帰国後、30歳までは経済活動を学ぶ目的でカラオケボックスを始める(家業)。30歳になる2000年を機に、インド、タイ、カンボジアでボランティア活動を開始。2003年4月からはイラクで緊急支援活動開始。8月に一時帰国し、11月に再度イラクへ。治安の悪化で国連やNGOの外国人スタッフが次々国外退避するなか、日本でのアルバイト代を資金に現在も単身バグダットで活動を続けている。


 マスコミ情報
  2004年12月20日  「テレビ東京」で紹介されました。
  2004年12月01日  「あけぼの」で紹介されました。
  2004年11月01日  「日経WOMAN」で紹介されました。
  2004年10月25日  「クロワッサン」で紹介されました。
  2004年08月07日  「婦人公論」で紹介されました。

もっと見る
書籍を購入