HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
港町に舞い降りた羽を持つ犬の冒険を描いた
大好評、感動の“字のない絵本”第2弾!!
きんいろのはね

田中伸介
(たなかしんすけ)


書籍を購入
 定価
1,430円 (本体 1,300円)
 判型
A5上
 ページ数
100
 発刊日
2004/12/15
 ISBN
4-8355-8746-4
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
さびれた港町に舞い降りた黄金の羽を持つ犬。郵便配達のおじいさんに拾われ、やがて配達の手伝いをするようになりました。ある日、病気の父親と娘を乗せて病院まで連れて行きましたが、病気は治ったものの彼らにお金はありません。医者は犬の黄金の羽を数本もらって満足するのでした。翌日から噂を聞きつけた人が羽をもらいにきたため、飛ぶのも苦労するほど犬の羽はボロボロになってしまいます。そんなある日、港町に大津波が迫ってきます。危険を知らせるため、犬は鐘楼へ向かって飛び出します……。前作『しあわせのはね』に続く、感動の“字のない絵本”第2弾!
 著者プロフィール
1964年熊本県生まれ。脱サラ後、わたせせいぞう事務所でのアシスタントを経て独立。著書として『しあわせのはね』(文芸社)、『カピバラくん』(理論社)、挿絵として『恐怖の13時間』(ポプラ社)、『たすく先生のスケッチブックシリーズ』(雷鳥社)、『怪談 −24の恐怖』(講談社)など多数。装丁:山本薫。


 マスコミ情報
  2005年02月17日  「オレンジページ」で紹介されました。
  2005年02月11日  「シティリビング」で紹介されました。
  2005年01月19日  「東京ウォーカー」で紹介されました。
書籍を購入