HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
犯人は神か魔物か──。「人体自然発火」の
謎に八雲が挑む、大人気シリーズ第4弾!
心霊探偵 八雲 4
守るべき想い
神永学
(かみながまなぶ)


書籍を購入
 定価
1,080円 (本体 1,000円)
 判型
四六並
 ページ数
350
 発刊日
2005/11/10
 増刷情報
13刷
 ISBN
978-4-286-00008-4
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
晴香が教育実習で訪れた小学校には、ある噂があった。夜中、校庭で遊びまわり、やがて炎に包まれる少年の幽霊……。噂を裏づけるように、逃亡中の殺人犯が左手首だけを残し、骨まで完全に燃え尽きた状態で発見される。それを可能にするのは7千度を超す高温のみ。犯人は神か魔物か? そして八雲に似た雰囲気を持つ少年との宿命的な出逢い。「今度はあの人が死ぬよ!」と少年が指差した先は? 超常現象「人体自然発火」の謎に八雲が挑む!
著者HP
 著者プロフィール
1974年生まれ。山梨県出身。日本映画学校を卒業。陶芸家の母を持つ環境で育ち、幼少の頃より創作に興味を示す。紆余曲折の後、表現の舞台として小説を選び、二十代半ばより意識的に文芸作品を読み漁る。各新人賞の候補になる等、その実力を認められながらも、天性の運の悪さから受賞には至らなかったが、『赤い隻眼』で文芸社より本格的にデビュー。既刊『心霊探偵 八雲 赤い瞳は知っている』『心霊探偵 八雲2 魂をつなぐもの』『心霊探偵 八雲3 闇の先にある光』。誰でも気軽に楽しめるエンターテインメント性の高い作品にこだわり、難解な表現を排除し、映像を文章にする独自のスタイルで執筆活動を続ける。

単行本 心霊探偵八雲 サイト
神永学 オフィシャルサイト


 マスコミ情報
  2005年11月20日  「長崎新聞」で紹介されました。
  2005年11月19日  「産経新聞」で紹介されました。
書籍を購入