赤ちゃんになったおばあさん

ますだえつこ (ますだえつこ)

生きにくい時代を生きる老人たちの声なき声。
高齢者を主人公にした短編小説集。

「三十年前の高齢者は、大部分が家族と一緒に暮らしていました。年を重ねて、体調をくずしても家族に寄りかかっていられました。子どもたちも家庭の中でうれしいこと、悲しいことを家族と一緒に体験しました……」今よりほんの少し昔、家族の中でゆっくりと老いを受け入れていけた老人たちの姿を、童話風なタッチで描いた短編小説集。「老いの悲しさ、さびしさは、時代が変わっても、薄れたり、消えることはありません。人間の宿命なのですから」。高齢者の心の声をすくい取り、代弁者となって語りかけてくれる作品集。

希望小売価格:1,166円 (本体 1,060円)

書籍タイプ:PODペーパーバック版

ページ数:132

発売日:2018/12/01

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

1939年生まれ。
長野県出身、同県在住。

メディア情報

  • フリーペーパー

    2009年08月22日

    「週刊長野」で紹介されました。

  • その他

    2008年05月10日

    「全老連 5月号」で紹介されました。

  • WEB

    2008年02月01日

    「NHKボランティアネット」で紹介されました。

ペーパーバック版を購入

POD(プリント・オン・デマンド)とは、お客様の注文に応じて書籍を1冊から印刷・製本し、ペーパーバック書籍として販売するAmazon提供のサービスです。

  • Amazonで購入

PAGE TOP