THE JAPANESE CONSTITUTION ARTICLE 31 AND DUE PROCESS OF LAW

日本国憲法第31条と法の正当な手続き

石田明雄 (いしだあきお)

1957年、法を学ぶ若者が
「法の適正な手続き」について考え世界に発表した英論文。

政府、国家の権力が恣意的に行使されるのを防ぐため、法による適正手続きを保障する日本国憲法第三十一条。このルーツは、古くは中世イギリスで定められた「マグナ・カルタ」に遡り、その精神は世界各国にも継承されている。条項成立までの歴史をひもときつつ、独自の視点で三十一条を考察。「他国の人々にも興味を持ってほしい」と1957年、法を学ぶ一人の学生が世界に問いかけた英論文。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六上

ページ数:64

発刊日:2015/02/15

ISBN:978-4-286-15864-8

ジャンル:社会・ビジネス > 社会 > その他

本書は、立命法学部在学中に作成した英語論文を再編集したもの。

著者プロフィール

1933年、京都府船井郡園部町(現・南丹市園部町)生まれ。
京都外国語短期大学、立命館大学法学部卒業。
1959年、貿易会社・東邦物産商会設立(1963年に東邦物産株式会社に名称変更)。
1973年、台湾にて貿易商社・台湾東鵬有限公司設立(後年、台湾社員に無償譲渡)。
1979年、香港にて香港事務所を開設、同年香港にて日本商品専門店を5店舗展開。
2013年、会社を解散し商業界引退。

※この情報は、2015年2月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP