HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
なぜ生まれて、なぜ生きるの?
1匹の生物が生まれ、命と向き合い、生き抜いたお話。
一匹のこどく

文:かきうちしゅうへい/絵:ふくはらしゅんじ
(かきうちしゅうへい/ふくはらしゅんじ)


書籍を購入
 定価
1,296円 (本体 1,200円)
 判型
B5上
 ページ数
16
 発刊日
2015/08/15
 ISBN
978-4-286-16484-7
 ジャンル
童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 童話・絵本・漫画 > 絵本
1匹の生物が、この世に生まれ、生き、自分の生命の意味を考えた──。1個のたまごから、まさに、今、ひとつの生命が生まれようとしていた。この生命は、生まれてから、必死に生きた。何としても生きていこうと。でも、ずっとひとりぼっちだとおもっていた。あの子と出会うまでは……。なぜ生まれて、なぜ生きるのか。そんなことを考えさせられる絵本。
 著者プロフィール
●かきうちしゅうへい/文
1974年11月生まれ。
会社勤めを経て郷里広島に戻り、帰農。
『困った隣人』(新風舎、垣内修平名義)がデビュー作。


●ふくはらしゅんじ/絵
グラフィックデザイナー・イラストレーター。
1966年生まれ。
奄美大島出身。
3児の父。

デザイン工房アイランド


※この情報は、2015年8月時点のものです。

書籍を購入