HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
江戸、浅草、吉原……。
膨大な資料の中から、当時の人々の暮らしが生き生きと甦ります。
古代から中世の江戸・浅草を探る

松浦剛
(まつうらたけし)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,944円 (本体 1,800円)
 判型
A5並
 ページ数
328
 発刊日
2015/09/19
 ISBN
978-4-286-16550-9
 ジャンル
歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)
かつて江戸の街は海だった? 江戸の川はどのように流れが変えられた? 古典に登場する浅草の様子は? 浅草寺にはなぜ「金龍山」という文字が書かれているの? 「浅草海苔」は本当に浅草産? 「ひやかす」の語源は吉原から?……「湊町」浅草が、江戸の中心だった頃、当時の人の暮らし、文化が、膨大な資料の中から生き生きと蘇る。東京をより深く知り、好きになるための1冊。
 著者プロフィール
昭和17年1月2日浅草日本堤で生まれる
昭和35年3月東京都立江東工業高等学校卒業
昭和35年4月日立製作所入社:空気清浄機の設計部に所属
昭和48年3月日立製作所を退社し、日本エアーテック(株)設立に参加、以後役員として設計本部長、営業本部長歴任
平成17年〜21年草加山の会の会長
平成19年1月日本エアーテック(株)65歳で退社


※この情報は、2015年9月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。