HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
詩的、絵画的小説とも言われる『三四郎』をじっくり味わう
新「漱石文学」解説本第2弾。
気楽に愉しむ漱石入門『三四郎』

武田邦彦
(たけだくにひこ)


書籍を購入
 定価
1,320円 (本体 1,200円)
 判型
四六並
 ページ数
276
 発刊日
2016/12/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-17608-6
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
「美禰子は三四郎を愚弄するつもりはなかった。三四郎が急に異文化に接したため、戸惑ったのだ。美禰子の心はむしろ天性の悪意のない、親しさで接していた」(本文より)。ヒロイン「美禰子」の視点で読み解けば、『三四郎』の新たな魅力が見えてくる! 詩的、絵画的小説とも言われる『三四郎』をじっくり味わう、新「漱石文学」解説本・第2弾。
 著者プロフィール
1936年生まれ。熊本県出身。
熊本大学教育学部附属小学校卒。
熊本市立龍南中学校卒。
福岡県立修猷館高等学校卒。
東京大学経済学部卒。
日商岩井(現、双日株式会社)入社。
鉄鋼貿易部、人事部勤務。
定年退職後、(社)中高年齢者雇用福祉協会研究主幹。
主任講師として約10年間ライフプラン教育を行う。
「くまもと漱石倶楽部」「鎌倉漱石の会」会員。

■著書
気楽に愉しむ漱石入門「吾輩は猫である」上巻』(2015年、文芸社)
気楽に愉しむ漱石入門「吾輩は猫である」下巻』(2015年、文芸社)


※この情報は、2016年12月時点のものです。

 マスコミ情報
  2016年12月14日  「読売新聞」で紹介されました。
  2016年12月11日  「熊本日日新聞」で紹介されました。
書籍を購入