HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
「関ケ原の戦いがなかったらイラク戦争もなかった」
その検証に資料を駆使した提言書。
関ケ原からイラクへ
世界大戦争の五百年
田島徹
(たしまとおる)


書籍を購入
 定価
756円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
288
 発刊日
2018/03/15
 ISBN
978-4-286-18022-9
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 社会
関ケ原の戦いからイラク戦争へは世界戦争の400年。近代戦争史の主役が日本、現代戦争史の主役が米国。戦争はなくならないのか。その検証にデータを駆使した平和への提言書。/関ケ原の戦い/幕末/南北戦争/西南戦争/日清戦争/日露戦争/第一次大戦/第二次大戦/朝鮮戦争/ベトナム戦争/アフガニスタン戦争/湾岸戦争/ユーゴスラビア戦争/アフガン戦争/イラク戦争
 著者プロフィール
作家、講師。
1957年5月2日福岡県生まれ。
米国ラグランジ大学歴史学部卒。
在学中、人権問題や平和運動など様々な市民運動に携わる。卒業後30数年講師を務め、本書執筆に40数年、構想に50数年を費やす。
講師として、九州地方で進学高校生学習校や社会人ビジネススクールで大学受験・就職試験など指導し30数年間で、幼稚園・小・中・高・大学生、社会人を延べ三千数百名指導。
現在、福岡県・熊本県大部分で小・中・高校生に学習指導のかたわら、執筆活動や地域活動を行う。
また地域住民や福祉関係者とともに、「地域交流施設」づくりに取り組む。
地域から世界平和への遥かな道。
未来に向かってより広範な平和運動を目差して本書を執筆する
。本書の目的は、地球上から戦争を無くすことである。
民主主義を国民の力で守りぬき、未来へ伝えるのが世界平和への道。(著者信条)


※この情報は、2018年3月時点のものです。

書籍を購入