HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
傷ついた心にしか見ることができない、
暗闇の中の魂と絶望の色の「言葉の洪水」。
詩集 塔

橋本和彦
(はしもとかずひこ)


書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
160
 発刊日
2018/02/15
 ISBN
978-4-286-18991-8
 ジャンル
詩集・俳句・短歌 > 詩集 > 自己
高い塔がある 蜃気楼より高い 身構えてる人の内面より高い 恥知らずの高さ 消えて行くかも知れない恐怖を跨いで 明日も紡いでいる 今日かも知れない明日を信じて 巨万の富が立ち続けている 塔はその先端だ 身構えている人は偉い 自他の利かぬ装置を 絶え間なく指導する 力は金なりと(「塔」より)流れ続ける「時」の中に立ち、決して変わらない「思い」を叫ぶ一冊。
 著者プロフィール
1952年4月、長崎県佐世保市に生まれる。
福岡県立伝習館高等学校卒業。
第二次学園闘争に遭遇し、いろいろなことを考えさせられる。
2009年ごろから執筆活動に入り、現在に至る。
北原白秋生誕の地、福岡県柳川市にて活動中。


※この情報は、2018年2月時点のものです。

書籍を購入