HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
すべては映し身、万象我師。
心の原点を忘れない、人生のヒントが詰まったエッセイ集。
映照

田畑久美子
(たばたくみこ)


書籍を購入
 定価
1,188円 (本体 1,100円)
 判型
四六並
 ページ数
160
 発刊日
2018/03/15
 ISBN
978-4-286-19046-4
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
人と人の関係はいろいろあるけれど、いずれの場合も「対者我映」が世の理(ことわり)。私たちは世の中の人たちから育てられている。人は、人を見て、世を見て生きてゆける。「人をみて自分をかえりみる」という志で綴られてきた『人は鏡 世は鏡』シリーズの続編がリニューアルして登場。本作では特に茶道について各種茶会や宗家訪問など豊かな経験が綴られて読み応え満点。
 著者プロフィール
石川県金沢市生まれ。東京都在住。
金沢泉丘高校、金沢美術工芸大学卒業。
文筆活動においては、コスモス文学新人賞の「奨励賞」を4度、「新人賞」を5度、シニア文学新人賞の「新人賞」を2度、コスモス文学賞の「奨励賞」を1度、受賞している。また著書『ポンポンポン子』では、コスモス文学「出版文学賞」を受賞。
水彩、油彩などの絵画も制作している。

■著書
『ポンポンポン子』(2004年、文芸社)
『こずかたの恋物語──私の光に向かって』(2007年、文芸社)
『母のソプラノ』(2009年、文芸社)
『こんなだった訪欧記』(2011年、文芸社)
『一九七七・沖縄をゆく』(2011年、文芸社)
『人は鏡 世は鏡』(2012年、文芸社)
『続・人は鏡 世は鏡』(2013年、文芸社)
『かわせみ』(2014年、文芸社)
続々・人は鏡 世は鏡』(2016年、文芸社)


※この情報は、2018年3月時点のものです。

書籍を購入