HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
人生を振り返り、幸せを阻んだ「母と娘」「家族」の
絶ち切れない関係を書き記す。
盗みにくる母

島倉幸江
(しまくらゆきえ)


書籍を購入
 定価
1,080円 (本体 1,000円)
 判型
四六並
 ページ数
120
 発刊日
2018/06/15
 ISBN
978-4-286-19207-9
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
家の手伝いばかりさせられていた幼少期、家を出て、やっと自由を手に入れた20歳の頃。しかし、その後、再び母をはじめ、家族との付き合いが始まってゆく……。逃れられない苦しみの果てに、今、その一部始終を書き記す。──第一章 小さき身体に荷を背負い/第二章 離れても切れない家族の縁/第三章 鬼母という宿命/第四章 逃れられない苦しみの果てに

※この情報は、2018年6月時点のものです。

書籍を購入