HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
独自性とストーリーが会社を成長させる。
メーカーに27年在籍し独立した経験が満載。
「見えざる資産」の活かし方

森下勉
(もりしたつとむ)


書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
180
 発刊日
2018/04/15
 ISBN
978-4-286-19284-0
 ジャンル
社会・ビジネス > ビジネス > 経営
著者は言う──「顧客の喜びを貴社に、貴社の喜びは我々の喜び」だと。そして会社の価値は独自性にある。価値は見えざる資産として隠れている。その見えざる資産を見える化しストーリー化することで会社は独自性を生み出せる。本書では、見えざる資産を顕在化する方法や、ストーリー化する手順を事例などから紐解き、企業が更に発展できる手法を提供している。
 著者プロフィール
有限会社ツトム経営研究所、所長。

経歴:
医薬品メーカーに27年在籍。営業を経て1982年、営業業務部に異動。
1996年、医薬データセンター室に異動。
2000年12月、退職 独立。
2002年7月、(有)ツトム経営研究所を設立。
2002年〜2008年、ドイツ外車ディーラーが実施している正規ディーラー向け経営品質向上プログラム『QMA(Quality Management of Auto house)』に参加。
2006年、IPA(独立行政法人 情報処理開発機構)IT化促進賞受賞。
2006年、関西IT経営応援隊 ベストITサポーター賞。
2006年、「中小企業のための知的資産経営マニュアル」(中小機構)事例作成。
2008年、「事業価値を高める経営レポート作成マニュアル」(中小機構)作成。
2009年、経済産業省「企業等における適切な情報管理及び秘密管理に関する検討委員会」委員。「営業秘密管理指針(2010年4月改訂)」の発行へ。
2009年・2010年、中小企業基盤整備機構主催 知的資産経営推進支援者向け研修テキスト作成ならびに研修の実施。
2011年、中小機構「事業価値を高める経営レポート作成マニュアル」改訂版作成。
2012年、経済産業省「統合報告書(IIRC)」策定 国際フォーラム参加(アムステルダム)。
2013年、経済産業省、「統合報告書(IIRC)」策定 国際フォーラム参加(フランクフルト)。
2014年、経済産業省、「統合報告書(IIRC)」策定 国際フォーラム参加(マドリッド)。
2015年、経済産業省・金融庁「地域企業 評価手法・評価指標検討会(ローカルベンチマーク)」委員。
2016年、経済産業省・金融庁、「ローカルベンチマーク活用戦略会議」委員。
2017年、経済産業省・金融庁、「ローカルベンチマーク活用戦略会議」委員。

ポリシー:
・切に念ずることは必ず遂ぐるなり、切に念ずる心深ければ、必ず方便も出で来るべし
・モノを弄ぶ者は志を失い、ヒトを弄ぶ者は徳を失う
・男子三日会わざれば刮目して見よ

経営理念:
『顧客の喜びを貴社(あなた)に、貴社(あなた)の喜びは我々の喜び』


※この情報は、2018年4月時点のものです。

書籍を購入