空より星の降るごとく

楓屋ナギ (かえでやなぎ)

〈町から闇が消えつつある時代〉に
夏彦の身に降りかかった怪奇な事件を描く幻想中編。

学生の宇佐部夏彦は、ひょんなことから文筆家・篁雀翁の邸で開かれた「百物語の会」に誘われる。まもなく百話になろうとする「しまいの日」には若き画廊経営者・碇蒼一らとともに参加。そこで出会った黒い千手観音像をめぐり、次々と身のまわりで起きる奇怪な出来事に翻ろうされる夏彦。彼の運命はいかに? 〈御維新の記憶が遠くなり、町から闇が消えつつある時代〉を舞台とした幻想中編。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:90

発刊日:2018/08/15

ISBN:978-4-286-19751-7

ジャンル:小説・エッセイ > 小説 > その他

著者プロフィール

三重県出身。
2月2日生まれ。みずがめ座・O型。

■著書
『天竺花語り』(2013年、文芸社)
『女王の目 〜ヴィエリとレナートの報告書〜』(2014年、文芸社)
『天竺花語り2』(2015年、文芸社)
『神代幻夢譚』(2015年、文芸社)
『天竺花語り3』(2017年、文芸社)

※この情報は、2018年8月時点のものです。

メディア情報

  • その他

    2018年10月01日

    「月刊 Simple (伊勢・志摩・鈴鹿・松阪地域) 11月号」で紹介されました。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP