HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
水戸藩でどうして「一村皆殺し事件」が起こったのでしょうか。
その真相に迫ると……。
実録『水戸生瀬秘史』
─一村皆殺し事件─
大森昭
(おおもりあきら)


書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
184
 発刊日
2018/10/15
 ISBN
978-4-286-19851-4
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
水戸の地元では黄門様=正義の味方のイメージが伝説化されているが、語られることのない真実の歴史もある。今から400年程前、常陸の国に水戸藩が置かれて間もない頃、「生瀬乱」と呼ばれる一村皆殺しの殺戮が水戸藩によって行われた。しかし、当時の記録は一切なく、200年程後の文化年間になって事件が明らかにされてゆく。なぜ水戸藩で一村皆殺しが行われたのか、その真相に迫る。
 著者プロフィール
履歴:日立製作所入社・定年後、五反農業に従事中、孫四人別居、拓殖大。
同人誌:茨城文学、さわらび。
趣味:手品実演、オカリナ、尺八演奏。
スポーツ:弓道、水泳、テニス。
受賞:読書感想文、茨城県教育長賞。
町つくり論文、那珂市長賞。
映画「桜田門外ノ変」原作感想文、大賞。


※この情報は、2018年10月時点のものです。

書籍を購入