HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
二人暮らしの母を失い、人は何のために生まれたのか、
と自問することを描く小説。
何故生きて、何故逝く
─アヤと弘二─
渡辺博秋
(わたなべはくしゅう)


書籍を購入
 定価
648円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
172
 発刊日
2019/01/15
 ISBN
978-4-286-20048-4
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
入院や亡夫の介護で認知症が進行する母アヤと六十過ぎの独身者弘二。彼は十代で神経症になり治療のため東京で暮らしていたが、故郷で就職し同じ独身の久保と知り合い友情を深める。だが久保の母親が亡くなり、弘二の母も帰らぬ人となり、共に無常を味わうのだった。現代社会が抱える問題をあぶりだし、見失いかけた自分を取り戻すヒューマンドラマ。
 著者プロフィール
昭和二十四年生まれ。
富山県出身・在住。
富山商業高校卒業。
精神的な弱さを克服する為、肉体鍛錬と精神性の向上を目指す。
平凡なサラリーマン生活を送り、転職もする。
世間の名誉とか地位等よりも真の幸福とは何かを追求し、最終的に仏教を学ぶ。

■著書
『犯罪は己を苦しめる 大宇宙のオキテ』(2014年、文芸社)


※この情報は、2019年1月時点のものです。

書籍を購入