HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
ホームレス猫の面倒をみることから始まった、
猫達との切なくも楽しいエピソードの数々。
猫は猫らしく、人は人らしく

清水八千代
(しみずやちよ)


書籍を購入
 定価
1,100円 (本体 1,000円)
 判型
四六並
 ページ数
184
 発刊日
2019/02/15
 ISBN
978-4-286-20209-9
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
縁あってホームレス猫の面倒をみることになった清水さん夫妻。猫には猫の生きる道があるのだという夫と、猫の子育てに興味津々な私は、いつの間にか猫を主体とする生活に変わっていく。家猫と外猫との違い、行方知れずとなった猫の捜索、飼い主から世話を放棄されている猫への思い、ハーブ畑で保護した3匹の猫、東日本大震災の被災猫など、切なくも楽しいエピソードが満載。
 著者プロフィール
北海道生まれ。
児童期から青年期にかけて神奈川県在住。
東京都で幼稚園教諭として22年間(内、後半13年間は目黒区公立幼稚園主任教諭)働く。
その間、甲状腺ガンにより数回手術を受け、体力の限界を感じて職を辞し、以降、夫の勤務地である札幌(1986〜93年)、仙台(1993年〜現在)で暮らす。
専業主婦のかたわら、東日本大震災東松島支援G、哲学サロンを主宰。
この間、疾患およびその後遺症をもって生きる日々について、自らの活動について、そして同居者である猫たちについて、手紙形式の自己表現を試みる。

本文イラスト:井樋まり(いといまり)
東京生まれ。
武蔵野美術大学(工芸工業専攻)卒業。
革の素材が好きで、ハンドバッグのデザインを3年間経験。
現在、専業主婦。西ドイツ、アメリカ合衆国に2年ずつ住む。
趣味:水彩画、手織、型絵染、陶芸等


※この情報は、2019年2月時点のものです。

 マスコミ情報
  2019年06月23日  「河北新報」で紹介されました。
書籍を購入