HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
「まちおこし」のスペシャリストが事業の着想の仕方や
事業継続のノウハウをつづる。
未来につなぐまちおこし
長寿の里・山梨県上野原市の実践
山口好昭
(やまぐちよしあき)


書籍を購入
 定価
1,404円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
208
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20273-0
 ジャンル
社会・ビジネス > 社会 > 社会
《前著で紹介した11の「まちおこし事業」は、開始から30年〜40年経ちますが、いまもまだ継続中です。「こうすれば続く」という秘策のようなものはありませんが、大事な心構えがひとつあるとすれば、「10年、20年先を見据えて事業を計画すること」だと思います》「まちおこし」の成功事例を積み上げる上野原市には全国から視察が絶えないが、そのキーマンがノウハウを伝授。
 著者プロフィール
1941年、山梨県北都留郡上野原町(現・山梨県上野原市)棡原生まれ。
JAクレイン経済部長、クレイン協同サービス常務取締役、ふるさと長寿館館長などを経て、2007年に上野原市議会議員に初当選。
その後、市議会議長を務める。
現在4期目。

■著書
『食と邑おこし 長寿の里 棡原探訪』(文芸社)


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入