HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
宿怨の焔が発動された!
精霊らが守る南宮山から聖獣朱雀が飛び立つ、戦国時代劇。
金色の鷲子

小石勝介
(こいしかつすけ)


書籍を購入
 定価
864円 (本体 800円)
 判型
A6並
 ページ数
356
 発刊日
2019/03/15
 ISBN
978-4-286-20282-2
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > ファンタジー
英彦山(福岡県と大分県の境の霊山)には九州の天狗界元締・豊前坊がいた。その子・鷹は生来の怠け者で、関ヶ原で最強の妖怪を相手に天下分け目の戦いとは思いもよらずにいたが、一人の少女と出会う。そしてその少女の周りには公儀隠密、柳生、孔雀妙法をあやつる導師が結集した。敵は転生した最強妖怪淀君で……。宿怨の焔が発動され、聖獣朱雀が飛び立つ、風雲急を告げる戦国時代劇。
 著者プロフィール
1954年、大分県日出(ひじ)町に生まれる。
明治大学政治経済学部経済学科卒業後、大手出版社に30年勤務。
その後キャリアカウンセラーの資格(GCDF-Japan)を取得し、主に大学生の就職支援に関わる。
剣道及び少林寺拳法の有段者。


※この情報は、2019年3月時点のものです。

書籍を購入