HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
日常のワンシーンから触発された思い出や出会い、
遠い記憶を語る100篇のエッセイ。
いつか私に読む100章

上平琴絵
(うえひらことえ)


書籍を購入
 定価
770円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
212
 発刊日
2019/06/18
 ISBN
978-4-286-20386-7
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
身の回りの事、過去と現在の出来事、家族や友人の事、生き物との出会い、社会に対する意見、読後感……など、日常のワンシーンから触発された思い出や出会い、遠い記憶を語る100篇のエッセイ。/すずらんの花が好きだった。『おやゆび姫』の絵本にあった。下向きに咲く真っ白いすずらんは、それだけでランプのようだと思った。私もいつかこんな場所に行ってみたいと夢見た(「すずらん」)。
 著者プロフィール
福岡県に生まれる。
大学で日本文学を学ぶ。
天職と自負する仕事に励み、やり切って早期退職。
不思議だな、おもしろいなと思うことは、気がすむまで不思議がる、おもしろがることにしています。
いつか、自分が書いた本のことなどすっかり忘れてしまった時、「コレ、全部アナタが体験したんですよ」と言われて「あら、そうなの?」っておもしろがる私だったらいいな、と祈っています。


※この情報は、2019年6月時点のものです。

書籍を購入