釈迦のさとり

吉久治之 (よしひさはるゆき)

釈迦は何をさとったのか?
歴史上に実在したゴータマ・シッダッタの教えを探る論考。

私が生まれ育った仏教的環境はいわゆる大乗仏教であり、釈迦の説いた教えの内容とは相当異質のものであるということが判明した。そこで私は釈迦が何をどうさとったのかに焦点を当てて文献を読み漁った。その結果、驚くべきことが分かってきた。どの釈迦ないしは原始仏教に関する学問的解説書を見ても、釈迦が何をさとったのかについてはほとんど異口同音に分からないとしているのである。

定価:1,760円 (本体 1,600円)

判型:四六並

ページ数:292

発刊日:2019/05/15

ISBN:978-4-286-20564-9

ジャンル:哲学・心理学・宗教 > 宗教

著者プロフィール

昭和20年(1945年)、香川県に生まれる。
東京大学法学部卒。
弁護士。
東京在住。

■著書
『神と人に関する基本的考察 既成宗教の終焉』(2014年、文芸社)
『正しい信仰と実践』(2018年、文芸社)

※この情報は、2019年5月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP