HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
本能寺の変から半月間にわたる筒井順慶逡巡の日々、
七転八倒の懊悩を描いた歴史小説。
筒井順慶の悩める六月

中南元伸
(なかみなみもとのぶ)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,430円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
252
 発刊日
2019/06/15
 ISBN
978-4-286-20611-0
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
日向守、なんで上様を討ってもうたんや──日本史上屈指のクーデター・本能寺の変。日向守(明智光秀)と上様(織田信長)、双方に縁続きの筒井順慶は、恩と義、そしてお家の存続と政治力学の板挟みとなって苦悩する。「日和見順慶」との風評被害を受ける筒井順慶の真の人間像と、武将間の駆け引きをリアルにコミカルに描き切る、これぞ「読まなきゃ損」の歴史的傑作。
 著者プロフィール
1960年生まれ。
奈良県奈良市出身。
大阪府在住。
奈良市立飛鳥小学校、同春日中学校、同一条高等学校卒業。
1983年、佛教大学文学部史学科(東洋史専攻)卒業。
同年、日本電信電話公社(現NTTグループ)入社。
NTT西日本奈良支店総務・広報課長を皮切りに、NTT出版などグループ数社の部長職等を歴任。
2017年、退職。


※この情報は、2019年6月時点のものです。

 マスコミ情報
  2019年07月01日  「月刊大和路ならら 7月号」で紹介されました。
書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。