HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
核軍縮と戦争防止のため被爆国日本から
世界へ発信する活動を紹介するエッセイ第三弾。
国際政治学の中の輝石鉱脈3
─核時代の平和学の確立を要請しましょう─
加瀬佳代子
(かせかよこ)


書籍を購入
 定価
1,188円 (本体 1,100円)
 判型
四六上
 ページ数
84
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20671-4
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 社会
第二次世界大戦で、多くの人々が憎しみ合い殺し合った史実は、深い悲しみを引き起こします。原爆投下によって戦争が終結したとはいえ、その後の悲劇を重く受け止め、平和政治を確立するために話し合うことこそ必要です。鐘の音に願いをこめ、外務省軍縮課に「平和庁」の創立を要請しましょう。核軍縮と戦争防止のために被爆国日本から世界へ発信する活動を紹介するエッセイ第三弾。
 著者プロフィール
昭和2年(1927年)生まれ。
神奈川県出身。神奈川県在住。
聖心女子学院高等科卒業。
「平和の遺産を残す会」代表(1970年代に設立)。

■著書
小説『「熱情」は戦争を許さなかった』(2006年、文芸社)
『政治学の中の宝石鉱脈 太平洋戦争を考える』(2009年、文芸社)
国際政治学の中の輝石鉱脈─被爆体験記が教示する世界平和─』(2014年、文芸社)
国際政治学の中の輝石鉱脈2─原爆被爆戦災誌が教示する世界平和─』(2017年、文芸社)


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入