HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
長年、出目を研究し、独自の理論を構築してきた著者が
基礎と原理を解説した入門書。
競馬の出目理論 第一部 出目の基礎と原理

中川幸雄
(なかがわゆきお)


書籍を購入
 定価
1,320円 (本体 1,200円)
 判型
A5上
 ページ数
158
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20704-9
 ジャンル
芸術・芸能・スポーツ・サブカルチャー > スポーツ > その他
競馬では、決まった枠番だけがいくつかのレースで連続して生じたり、決まった枠番だけが何レースか連対しなかったりということがよく起こる。こうした競馬に作用する不思議な数字「出目」について、長年にわたって研究してきた著者が独自の出目理論を構築し、さらに新しいデータを構築。出目の基本的な考え方や信念、パターンについて解説した入門書。
 著者プロフィール
1954年生まれ。
兵庫県在住。

著者の競馬略歴:
1976年頃、麻雀仲間と競馬場へ行く。
1993〜1996年、(1)予想フォルムから研究。
1993年、桜花賞の後の12レースで初の万馬券。
1993年6月6日、阪神競馬で、五角漸増混合型で万馬券を取る。
1995年2月、パターン理論を編成する。
1997〜2003年、(2)発展的研究(パターン・素因)。
2003年、「新説出目論」のHTML文書作成。
2008年頃、競馬新聞の紙面変更によりデータ収集不能。
2013年、(3)最終レースを研究する。
2014年、(4)新しいデータを発見して取り組む。
2016年6月〜11月、レジまぐで記事連載・「パターン理論」販売。
2016年6月〜11月、12連勝する。
2018年5月、(5)未来予測への一つのアプローチ「出目解析とパターン」をヤフーオークションで出品・販売する。
2018年12月、(6)プラチナパターン発見。


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入