HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
貴重な資料の数々を編纂した滋賀県唯一の教育史が
ついに文庫となってここに刊行!
滋賀の学校史
地域が育む子どもと教育
木全清博
(きまたきよひろ)


書籍を購入
 定価
864円 (本体 800円)
 判型
A6並
 ページ数
332
 発刊日
2019/09/15
 ISBN
978-4-286-20766-7
 ジャンル
教育・実用・語学 > 教育 > 学校教育
滋賀の教育は、環境教育や障害児・者の教育に力が入れられてきており、郷土教育や地域に根差す教育の教材づくりには、長く蓄積されてきたノウハウを持っている。滋賀の教育史から日本の教育のあり方を展望する。近代学校の始まり、大正新教育、戦後教育改革から現代にいたるまでの貴重な資料の数々を編纂した教育史が、新たに文庫となってここに刊行。
 著者プロフィール
1948年1月、愛知県岩倉市生まれ。
1973年、大阪教育大学大学院教育学研究科社会科教育専攻修了(教育学修士)。
大阪教育大学教育学部附属平野中学校、大阪市教育研究所、北海道教育大学岩見沢分校を経て、1984年より2013年まで滋賀大学教育学部。
滋賀大学名誉教授。

■研究テーマ
戦前・戦後日本の社会科教育史
歴史教育史
滋賀県教育史
アジア・オセアニア諸国の社会科授業
中国の社会科教育

■主要著書・論文
『社会認識の発達と歴史教育』(岩崎書店、1985年)
『社会科の歴史』上(共著)(民衆社、1988年)
『新しい中等社会科へのいざない』(共著)(地歴社、1992年)
『社会科実践史から学ぶ』(1993年)
『社会科実践史論の展開』(1996年)
『滋賀県教育史資料目録』第1集〜第10集(1992〜2000年)
『栗東の歴史』第3巻(1992年)
『蒲生町史』第2巻(1999年)
『米原町史通史編』(2002年)
「アジア・オセアニア諸国の社会科の研究」(『社会科教育学ハンドブック』明治図書、2012年)
『近江日野の歴史』第4巻(2014年)
『東近江市史能登川の歴史』第3巻(2014年)
『近江八幡の歴史』第8巻(2019年)。


※この情報は、2019年9月時点のものです。

書籍を購入