HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
性愛・嫉妬・命がけの恋の物語。
そして愛する人の死から立ち直る方法を指南した一冊。
白い花にそえて
愛しい人を亡くした女が生き直す26の方法
奧平真愛
(おくひらまあ)


書籍を購入
 定価
1,404円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
144
 発刊日
2019/09/16
 ISBN
978-4-286-20795-7
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
性愛・嫉妬・命がけの恋の物語。そして愛する人の死から立ち直る方法を指南した一冊。光のほうに向かってみれば、泣きながらつむったまぶたの裏には、オレンジ色の未来が輝いてる──夫とすごすかけがえのない最期の日々。そして訪れる愛する人との悲しい別れ。その時、いったいどう行動したらいいのか。そしてその後に何が起こったか、何をすべきだと感じたのかをまとめた実用エッセイ。
 著者プロフィール
奧平厚洋の妻。
元小学校教員。
2001年、詩画集『夢幻』を文芸社より出版。

題字:渡辺護


※この情報は、2019年9月時点のものです。

書籍を購入