HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
『三国志』の時代背景・登場人物像から、
病んだ現代日本社会の問題点を鋭くえぐる!!
中国『三国志』の時代から現代日本人が学ぶこと

山崎和広
(やまざきかずひろ)


書籍を購入
 定価
500円 (本体 463円)
 判型
A6並
 ページ数
72
 発刊日
2019/08/15
 ISBN
978-4-286-20831-2
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 社会
全ては、時の政権の官僚が、自己保身のために、「堕落」し、国に、「不正」や「賄賂」が横行し、それがある意味、「常識化」して、国民は何とも思わない状態だった。これはもう他人ごとではない、今の日本の「姿」そのものではないだろうか? 『三国志』の時代背景・登場人物像を考えの礎とした著者が、病んだ現代日本社会が抱える問題点を鋭くえぐっていく。
 著者プロフィール
1967年2月5日生まれ。千葉県船橋市出身。
1985年3月、千葉県立船橋芝山高等学校卒業後、一般社団法人千葉県自動車整備振興会に入職。
在職中に、三級自動車ガソリン・エンジン整備士・宅地建物取引主任者(現宅地建物取引士)などの資格を取得し、6年間在籍の後、不動産会社に転職。
その後、賃貸物件の維持管理や原状回復工事の請負の事業を自営で行いながら、船橋市海神で、焼鳥屋を開業。
営業中に急性腎不全にて入院。廃業を余儀なくされた。
それからは、人工透析を受けながら、さまざまな仕事を経験し、2016年(平成28年)2月には6度目の脳卒中で倒れ、心肺停止。医師より「再起不能」の診断を受け、左半身麻痺となって一時寝たきりの生活だったが、奇跡的に回復。現在、不動産業の起業を目指し、求職中である。


※この情報は、2019年8月時点のものです。

書籍を購入