HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
イスラエル、そしてヨルダン訪問をメインテーマとする
詩、エッセイ、TANKA集。
ゴラン高原の風/テル・アヴィヴは雨だった

結城文
(ゆうきあや)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
1,210円 (本体 1,100円)
 判型
四六上
 ページ数
114
 発刊日
2019/10/15
 ISBN
978-4-286-20847-3
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
「かつての戦場の谷底から/音をたてて吹き上げてくる/身を刺すような風の中/指は感覚を失う」アメリカで出会ったイスラエル人、レバノン人などから宗教や歴史についてカルチャーショックを受ける。後年、イスラエル、レバノン、ヨルダンを訪問し、その情景を見て感じたこと、起ち上がってきた記憶を、詩や短歌(TANKA)の形で紡ぐ。中東の旅をメインテーマとする作品集。
 著者プロフィール
東京生まれ、現在も東京都在住。
お茶の水女子大学文教育学部英文専攻卒業。
卒論は「エミリィ・ディキンスンの詩について」。
歌人、詩人、翻訳者。
日本歌人クラブ発行THE TANKA JOURNAL(2017年4月終刊)編集長を経て、現在「国際タンカ協会」会長。
INTERNATIONAL TANKA(2017年6月創刊)発行人。
「未来短歌会会員」岡井隆に師事。
詩誌「竜骨」「漪」「白亜紀」に所属。
日本歌人クラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、日本ペンクラブ会員(電子文藝館委員)、日本比較文学会、日本エミリィ・ディキンスン学会、国際啄木学会会員など。
海外の雑誌:Tanka Society of America, red lights, moonbathing, Poems of the World(以上アメリカ)、Gusts(カナダ)、Eucalypt(オーストラリア)などの会員。

■著書
結城文バイリンガル詩歌集抄』(文芸社、2014年)
結城文 日・英対訳詩集抄 Selected Poems by Aya Yuhki in Japanese and English』(文芸社、2019年)
ゴラン高原の風/テル・アヴィヴは雨だった』(文芸社、2019年)



※この情報は、2019年10月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。