HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
余生という生き方はない。
不安を抱える人へ、今を充実して生きるための人生の指南書。
八十六歳・日々新しく

小助川次雄
(こすけがわつぎお)


書籍を購入
 定価
990円 (本体 900円)
 判型
四六並
 ページ数
80
 発刊日
2019/10/15
 増刷情報
2刷
 ISBN
978-4-286-20891-6
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
人間は生まれた瞬間から死に向かって生きている。八十六歳になって、人生を俯瞰的に眺めてみたくなり、筆を執ることにした。「人生百年時代」と言われる昨今、今の自分にどれほどのことが書けるのか甚だ心もとないが、同世代の同じような不安を抱えて生きる人々と経験を分かち合いながら、現実的な人生観の共有ができれば、幸いだと思う。若い人にもぜひ考えてもらいたい。人生の指南書。
 著者プロフィール
1933年、秋田県に生まれる。
1959年、大学時代に洗礼を受ける。以後、秋田大学、東北大学大学院、米国ルーテル同胞聖書神学校等に学ぶ。
1960年、広橋美恵子と結婚、娘2人に恵まれる。

■現在
日本ルーテル同胞教団継続牧師
シオンの丘秋田キリスト教会名誉牧師

■元職
秋田県公立学校教師
ルーテル同胞教団神学校教師
ルーテル同胞教団神学校校長
秋田大学、東京基督教大学
高等看護学院等の非常勤講師
秋田大学医学部倫理委員会委員
社会福祉法人「こひつじ会」保育園長
社会福祉法人「こひつじ会」保育園理事長
「クリスチャン新聞」論説委員
総動員伝道運営委員長、ほか。

■著書
『ここに救いがある』(いのちのことば社)
『大いなる救い』(いのちのことば社)
『信仰と不信仰の間』(いのちのことば社)
『老いを日々新しく』(いのちのことば社)
『教会を建て上げる喜び』(いのちのことば社)
『日々の祝福』(いのちのことば社)
『ひたすら人間らしさを求めて』(いのちのことば社)
『もう一つの愛』(新風舎)
辞典・講解書等分担執筆。

■訳書
『人と人を結ぶもの』(C・M・ナラモア著、いのちのことば社)
『クリスチャン・カウンセリングの実際』(C・M・ナラモア著、いのちのことば社)


※この情報は、2019年10月時点のものです。

書籍を購入