HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
明智光秀の晩年と娘ガラシアの実像に肉薄して
偏ったイメージを払拭させる歴史小説。
聖戦 本能寺

家村耕
(いえむらこう)


書籍を購入 電子書籍を購入
 定価
880円 (本体 800円)
 判型
A6並
 ページ数
316
 発刊日
2020/01/15
 ISBN
978-4-286-21098-8
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > 歴史
日本史上有名な本能寺の変の首謀者として知られる明智光秀の晩年を描き、その実像に肉薄した歴史小説。光秀が信長より丹波経略を任された天正3年から、本能寺の変が勃発する天正10年までの7年間に起こった様々な事件やエピソードに現れる人柄や性格と、周囲の評価から光秀の真の人物像を浮き彫りにし、一般に浸透している光秀の偏ったイメージを払拭させる力作。
 著者プロフィール
昭和20年、京都府に生まれる。
大阪・能勢で農業・自営業に生きる。

■著書
『摂丹の霧』(2004年10月刊、文芸社)
『明智の娘ガラシア』(2006年10月刊、文芸社)
『光秀奔る』(2010年2月刊、文芸社)


※この情報は、2020年1月時点のものです。

書籍を購入
電子書籍を購入
文芸社の電子書籍は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン(iOS/Android)、電子書籍リーダーでお読みになれます。サイトによって、ファイル形式や対応端末に違いがあります。詳しくは書店サイトでお確かめください。