ナイチンゲールの窓を開けて

金子瑞穂 (かねこみずほ)

二度のがんと指定難病罹患を経て
「自分を看とる」という命題に向き合って生きる手記。

人は誰でも死へ向かって歩いている。「自分というものは何なのか」を追求してきた思索の道は、人間存在への問いへと続く。やがて病を得て苦しむ中、看護学生への教科書を書く中で想いは鮮明になってゆき……。本書は読みやすい言葉で哲学的、文学的に「生きること」「自分を看とること」を語り、考えさせてくれる。現在苦しみを抱える人々、打ちひしがれた人々に贈る命のメッセージ。

定価:1,100円 (本体 1,000円)

判型:四六並

ページ数:92

発刊日:2020/01/05

ISBN:978-4-286-21157-2

ジャンル:小説・エッセイ > エッセイ > その他

著者プロフィール

1953年生まれ。
大阪府立北野高等学校卒業。
静岡大学人文学部人文学科哲学専攻卒業。
神戸大学大学院文化学研究科外国言語文化論専攻博士課程単位取得修了。
学術博士。
2009年より2018年まで愛仁会看護助産専門学校にて看護哲学を講義する。

■著書
『心を看とる生き方』(2015年、東洋出版)

※この情報は、2020年1月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP