HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
96歳の著者が100歳まで生きるために
妻との共同で実施している日々のエッセイ。
続・反骨と愛の百歳物語
─ある土佐人の足ずり人生─
耕地四万夫
(こうちしまお)


書籍を購入
 定価
770円 (本体 700円)
 判型
A6並
 ページ数
288
 発刊日
2020/02/15
 ISBN
978-4-286-21327-9
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > 日常
96年にわたる私の一生を思い返してみたが、実に長い人生であった。結婚してからは妻との共同生活だから、内容は私一人のようにみえても二人のことである。人間の生活は、夫婦生活が基本になるので、この関係をよりよく構築し、最善の状態に維持することが、人間の百歳物語を完結することになるだろう。それゆえ家庭の中で妻との共同で実施していることを、まとめてみたのが本書である。
 著者プロフィール
1924年1月生まれ。郷里は高知県四万十市。
1944年、東京高等商船学校卒業。日本郵船入社。海軍応召。
1950年、商船大学海務学院卒業。
1950年、商船大学助手。東大・大河内一男教授の社会政策ゼミ同窓生。その後助教授、教授。1987年退職。
2003年、東京商船大は東京水産大と合併、東京海洋大に。著者は現在、同大学名誉教授。
専攻は船員政策・社会政策。

■著書
『船員政策と海員組合』(成山堂)
『技術革新と船員労働』(成山堂)
『海員組合の組織と団体交渉』(都立大沼田稲次郎教授と共著、日本評論社)
『船舶運航と船員の歴史・課題』(共著、退職記念論文集)
『海に生きる』(著者のエッセイ中心に共著)
『反骨と愛の百歳物語』(文芸社)
その他


※この情報は、2020年2月時点のものです。

書籍を購入