HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
現代に至るまでの化学の功績と過失、発展と恩恵に隠された
光と影にスポットを当てる。
化学の逸話
過去のあやまちと未来像
日色和夫
(ひいろかずお)


書籍を購入
 定価
1,430円 (本体 1,300円)
 判型
四六並
 ページ数
184
 発刊日
2020/02/15
 ISBN
978-4-286-21336-1
 ジャンル
自然・科学・工業・学術 > 自然・科学・工業 > その他
錬金術/不老不死の薬/おしろい/大仏建立/ワイン/ゴッホの悲劇/水俣病/カドミウム中毒/ヒ素中毒/赤潮/アスベスト/サリドマイド/枯葉剤/PCB/食品添加物/環境ホルモン/酸性雨……太古の時代から、我々人類が技術を駆使して発明、発見してきた「化学」が、果たして妥当なものであったかを真摯に向き合い、そしてその未来像を、分かりやすい解説で探ります。
 著者プロフィール
1929年、千葉県生まれ。
大阪府立化学工業専門学校(現・大阪府立大学)卒。理学博士。
現在兵庫県在住。
職歴:通商産業省大阪工業技術研究所、宇部工業高等専門学校、京都教育大学、神戸女子短期大学。現在、日本分析化学専門学校
所属団体:日本分析化学会、環境技術学会
受賞歴:環境賞、科学技術庁研究功績者賞、日本分析学会技術功績者賞

■著書
『イオン選択性電極』(共立出版、1977年)
『わかり易い最新の環境計測・分析技術講座』(環境技術研究協会、1991年) 
『最新の底質分析と化学動態』(技報堂出版、1996年)
『環境計測学』(環境新聞社、1998年)
『化学が見えてくる』(三共出版、2005年)
ほか


※この情報は、2020年2月時点のものです。

書籍を購入