HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
明治から昭和、激動の時代を生きた一人の女性の半生を、
圧倒的な筆力で描いた長編小説。
ななかまどの実が赤くゆれるユーラシアの碧い空

松橋薫
(まつはしかおる)


書籍を購入
 定価
1,760円 (本体 1,600円)
 判型
四六並
 ページ数
444
 発刊日
2020/02/15
 ISBN
978-4-286-21387-3
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
「ななかまどの名前は、読んで字のごとく、七度(ななど)竈(かまど)にくべられても、燃え尽きないことから来たらしいの──人間の血も、ななかまどのように、消えてなくならないってこと」(本文より抜粋)。函館からシベリア、そして樺太(サハリン)へ。明治から昭和にかけての激動の時代を生きた一人の女性の半生を、圧倒的な筆力で描いた長編小説。
 著者プロフィール
1950年、北海道生まれ。
1974年、東京大学文学部ロシア語ロシア文学科卒業。
1977年、東京大学大学院人文科学研究科。ロシア語ロシア文学修士課程修了。
1980年〜2010年、茨城県、山梨県で中学校・高校の教師を務める。
1992年〜1994年、国士舘大学講師。

■訳書
『ロシア神秘小説集』(共訳、国書刊行会、1984年)


※この情報は、2020年2月時点のものです。

書籍を購入