HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
実例をもとに書かれた、薬に対する盲信に警鐘を鳴らし
各人の意識改革を促す啓蒙小説。
キノホルムに翻弄されて

面来一義
(めんらいかずよし)


書籍を購入
 定価
660円 (本体 600円)
 判型
A6並
 ページ数
120
 発刊日
2020/07/15
 ISBN
978-4-286-21400-9
 ジャンル
小説・エッセイ > 小説 > その他
外交官を夢見る一彦が、スモンを発症したのは高校生の時だった。足がしびれ、歩けなくなった。病状は一進一退を繰り返して安定せず、外交官になる夢は消えた。その頃、スモンの発症は「整腸剤キノホルム」が原因であるという発表がなされ、一彦は愕然とする。まさか「薬」が害をなすとは──。実例をもとに書かれた、薬に対する盲信に警鐘を鳴らし、各人の意識改革を促す啓蒙小説。
 著者プロフィール
福島県いわき市在住。
1948年11月、東京都杉並区生まれ。
1973年3月、早稲田大学法学部卒業。
1974年4月、福島県職員となり郡山社会福祉事務所に勤務。
2002年4月、企画調整部政策調整課長。
2003年4月、商工労働部地域産業課長。
2005年4月、福島県東京事務所次長。
2008年4月、福島県職員を勧奨退職。
2008年7月、増子輝彦参議院議員の政策秘書となる。
2010年12月、政策秘書を退職。
2011年1月、社会福祉法人昌平黌・社会福祉センター太陽の里いわき施設長となる(福島県いわき市)。

■著書『「行勢力」で“お宝”発掘』(東方通信社、2008年9月刊)


※この情報は、2020年7月時点のものです。

 マスコミ情報
  2020年07月21日  「福島民報」で紹介されました。
書籍を購入