龍馬かく語りき

手紙で繙く龍馬の思想と哲学

阿納裕次郎 (あのうゆうじろう)

龍馬の筆致から何を思い何を見ていたかを考察すると
そこには「未来」へのヒントがある。

龍馬の「手紙」「筆致」から、何を思い、何を見ていたかを考察すると、混迷する現代人への羅針盤が見えてくる。そして、そこには日本の「未来」へのヒントがある! 「龍馬学」設立を推進すべく、講演「龍馬の手紙を読む」からまとめた思考型歴史本。対立する薩摩と長州を対話の力で連帯を促し、日本中を分断から協調へ、そして新国家樹立を目指した龍馬の精神とは──。

定価:1,540円 (本体 1,400円)

判型:四六並

ページ数:226

発刊日:2020/11/15

ISBN:978-4-286-21561-7

ジャンル:歴史・戦記 > 歴史 > 歴史 (日本)

著者プロフィール

1958年生まれ。
長崎県出身。
創価大学経済学部卒業。
東京都在住。
坂本龍馬探究家。
現代龍馬学会会員。
2008年、帝都龍馬会を設立し、代表を務める。

※この情報は、2020年11月時点のものです。

書籍を購入

  • Amazonで購入
  • e-honで購入
  • セブンネットで購入
  • Honya Clubで購入
  • 紀伊國屋書店で購入

電子書籍を購入

  • Amazon Kindleで購入
  • 楽天Koboで購入

ブックサービスでは下記の方法でもご注文ができます。

  • ・電話注文:
    0120-29-9625
  • ・FAX注文:
    0120-29-9635
    (24時間受付)

PAGE TOP