HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
多角的な視点で従来の語源へアプローチを試みた先人の説に
一石を投じる個性ある研究書。
新しい見方による草木名の語源さがし

松本泰和
(まつもとやすかず)


書籍を購入
 定価
1,650円 (本体 1,500円)
 判型
四六並
 ページ数
264
 発刊日
2020/08/15
 ISBN
978-4-286-21697-3
 ジャンル
教育・実用・語学 > 語学 > その他
笹は葉と葉の触れる「サヤサヤ」の音が語源と言われるが、飾りのフサ(蘇)の意の「スザ」を語源とするのではないか──従来の植物名の語源に対し、その植物の形態的特徴、生育環境、薬に利用する部位、原産地、伝達経路などに加え、和歌や古文書なども駆使し、大陸の発音や万葉仮名を調べ、その転訛の可能性を挙げた。植物や言語学に興味のある人に読んでもらいたい一冊。
 著者プロフィール
1944年(昭和19年)横浜に生まれる。
1967年、北海道大学薬学部卒業。
塩野義製薬(株)を経て、厚生省検疫所(新潟、名古屋、大阪空港、函館、小樽、広島)に勤務。
2004年に退職。
医学博士。
現在、函館植物研究会会員。


※この情報は、2020年8月時点のものです。

書籍を購入