HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
長期間の海外駐在中に触れた『異文化』。
その中で知り合った素晴らしき人々。
続・世界の異文化街道を行く

窪田寛
(くぼたひろし)


書籍を購入
 定価
1,650円 (本体 1,500円)
 判型
四六上
 ページ数
260
 発刊日
2020/10/25
 ISBN
978-4-286-21850-2
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
海外駐在体験や海外出張を通じて各国訪問から『異文化』に触れ、著者が各国への理解を深めていけたのには、世界の素晴らしき友人たちとの出会いがあったからだった。「海外ビジネスを教えてくれた三人の親友」「世界の異文化へ果敢に挑戦した旅行体験記」「世界で活躍する十人の私の友達」など、異文化の最大の魅力は、『人』だった──。人に焦点を当てた、前著に続く異文化体験記。
 著者プロフィール
1959年、製薬会社エーザイのMRとして入社。10年間、日本国内の営業担当。その後、海外事業本部へ異動。アジア、欧州での海外駐在、世界各国での海外販促、海外現地法人の経営活動にも参画。
1993年、ドイツ駐在より帰国後、理事就任。国際部長、アジア部長として欧米の販売会社、アジアの合弁会社の統括など担当。
1997年、定年退職後、政府と民間の合弁遺伝子研究所の監査役。
2000年からABAC(Asian Business Advisory Consultant)を設立。アジアの中小企業のコンサルタントを行いながら、またドラッグストア(セイムス)の薬剤師としてパートタイマー勤務。
2002年、ヘルスケアアドバイザーの認定試験に合格、2006年には漢方アドバイザーの認定試験にも合格。
2009年、風水学鑑定講座終了。
2010年、ペット介護士養成講座全過程を終了、ペット介護士。
2015年、密教運命占術伝授講座終了。
2020年、コンシェルジュ・マスターA資格(日本薬業研修センター)
海外での活動は、退職後も含めて通算40年、アジア、欧米、中南米、アラブ、アフリカの各国と、世界100以上の都市を訪問。
そのうち16年間を海外駐在員として、台湾、インドネシア、ドイツで過ごした。
国分寺市在住。
著書に『世界の異文化街道を行く』(2007年、文芸社)がある。


※この情報は、2020年10月時点のものです。

書籍を購入