HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
昭和平成と激動の時代、時に泣き時に笑い、
歯を食いしばって歩き切った誇りある記録。
人生の織
齢九十の想い出の記
橋利造/日下敬子
(たかはしとしぞう/くさかけいこ)


書籍を購入
 定価
1,540円 (本体 1,400円)
 判型
四六並
 ページ数
256
 発刊日
2020/10/30
 ISBN
978-4-286-21889-2
 ジャンル
小説・エッセイ > エッセイ > その他
これは昭和と平成を生きた父の自分史です。二人でコツコツと書き進めてきましたが、平成三十年十月、完成を待たずして、父は九十二年の人生に終わりを告げ、静かにこの世を去りました。今は亡き父に捧げます。……大正の終わりに生を受け、昭和、平成と激動の時代に、時に泣き、時に笑い、歯を食いしばって歩き切った、誇りある記録です。
 著者プロフィール
●橋利造
大正15年〜平成30年。東京都八王子市生まれ。
太平洋戦争末期、19歳で出征。
浜名海兵団で訓練を受けたのち、任地に赴くその日に終戦となり復員。
八王子の基幹産業だった織物業に従事。


●日下敬子
昭和36年生まれ。
埼玉県在住。
家族:夫と一人娘、愛犬はトイプードル。
趣味:旅行、トールペイント、愛犬との散歩。


※この情報は、2020年10月時点のものです。

書籍を購入