HOME > 書籍案内 > 書籍詳細情報
書籍詳細情報
無職・金持ち・独身の主人公宅の間取りと恋の視点から漱石作品を読む、
楽しい解説書。
漱石を“間取り”で読む 2
「それから」元カノの勝負手土産が香る家
染井元子
(そめいもとこ)


書籍を購入
 定価
1,100円 (本体 1,000円)
 判型
四六並
 ページ数
82
 発刊日
2020/09/15
 ISBN
978-4-286-21913-4
 ジャンル
教育・実用・語学 > 実用 > その他
夏目漱石作「それから」のヒロイン・三千代は人妻であり、主人公・代助の「脳内元彼女(元カノ)」。代助の親友かつ三千代の夫・平岡を含めた三人のビミョーな関係は、代助が自宅のどこまで相手を招き入れるかで表現される? 三千代の訪問が引き起こす代助の心理変化とは? 文学作品の「間取り」を探求する“間取りスト”が、恋愛視点で作品世界を生き生きと軽妙に語ります!
 著者プロフィール
青山学院大学文学部卒業。
東京放送(TBS)勤務、青山学院大学国際政治経済学部教授永井陽之助研究室勤務を経て、一男一女の子育て期間を過ごす。
その後、大学の卒業論文で最後まで迷いながら選ばなかったほうのテーマ「夏目漱石の小説を新しい切り口で読むための入門書」の考察を再開し、イラストを加えるという形を模索して本作を上梓。

■著書
漱石を“間取り”で読む 「こころ」恋ルートのある居住空間』(2018年、文芸社)


※この情報は、2020年9月時点のものです。

書籍を購入